3D酔いの症状

具体的な症状を知っておこう

3D酔いとはよく聞く言葉ですが、具体的にどのような症状が現れるのか知らない人も多いと思います。

 

「ゲームをプレイしていると少し気分が悪くなる」「映画を観ると気分が優れない」などこのような人たちはもしかしたら3D酔いをしているのかもしれません。

 

普段は健康な生活を送ってるのにゲームをプレイしたり映画を観た時に限って体調不良が起こっているなら3D酔いを疑いましょう。

 

基本的な症状を紹介していくので、あてはまるものがないか確認して下さい。

 

頭痛

 

よくある症状です。頭がガンガンと痛くなってきたらすぐにゲームや映画を中断し、遠くを見たり目を休ませたりしましょう。

 

吐き気

 

こちらもよくある症状ですね。胃のあたりがむかむかしてきて、座っていられなくなります。

 

少しでも吐き気を感じたら早々に休みましょう。

 

冷や汗

 

3D酔いが悪化してくると冷や汗が出てきます。さらに寒気がしてきたりしますので、注意が必要です。

 

ここまで3D酔いが悪化したらどんな状況でも休んで下さい。

 

3D酔いの症状はとても独特なので、風邪や病気などとは少し違います。また3D酔いになってしまったら体を横にし休ませてあげて下さい。

 

1時間ほどで回復してくるかと思います。